授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 確率統計
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
本教科は、情報通信およびデータ処理とのかかわりの中で必要となる確率論と統計学の基礎概念を理解した上で、推定や検定を理解することを目的とする。確率論の基礎として加法定理、条件付確率、ベイズ定理を学習するとともに、各種代表的な確率分布(正規分布、ポアソン分布、二項分布等)を学習する。さらに統計的推測に進む。まず標本分布について、標本平均の分布、平均値と不偏分散などを取りまとめる。そして正規母集団からの標本分布について、推定と検定を学習する。
先修条件または
他の授業科目との関連
通信工学、情報理論、暗号理論および情報検索など多くの科目で必要とする知識である。
履修のポイント
留意事項
本教科は、情報通信およびデータ処理とのかかわりが深いため履修を勧める。
学部・学科必修/選択の別
情報通信学部 通信ネットワーク工学科 選択

2019/04/01 20:37:36 作成