授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 電気回路
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
エンジニアの共通基盤とされる電気回路の基礎理論について講義するものであり、基本的な回路の計算法の修得を目的とする。回路計算に使う数学(三角関数・微積分・複素数)を復習した後に、オームの法則、抵抗の接続、分圧・分流の法則、電源の等価変換、キルヒホッフの法則、網目電流解析法、重ねの理、テブナンの定理など、直流回路の基礎について講義する。また、各種受動回路素子の動作、ベクトル記号法、交流電力、共振回路、回路の伝送特性と周波数特性など、交流回路の基礎についても講義する。さらに理解を深めるために、演習も行う。
本科目では、自ら考える力、情報通信技術の進歩に対応できる基礎学力、通信基盤の構築の為の基礎学力を培う。
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件ではないが、「線形代数」、「微分積分」、「基礎物理A」を履修している方が望ましい。また、本科目の内容は「デジタル信号処理」、「通信工学」の内容を理解する上での基礎知識となるので、公式の暗記に頼るような表面的な理解ではなく、回路の本質を理解するための努力を期待する。
履修のポイント
留意事項
例題の解説を多く取り入れるなど、初心者にも理解できるような講義を心がけるので、授業中は講義に集中し、授業中に指示された演習問題の疑問点は授業時間内に解決するように努めること。また、授業終了後は速やかに宿題に取り組むなど、復習には十分な時間をかけて、不明な点はなるべく早く解決するようにして欲しい。諸君の積極的な学習姿勢を期待する。
学部・学科必修/選択の別
情報通信学部 通信ネットワーク工学科 選択

2019/04/01 20:37:36 作成