授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 プログラミング応用
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
さまざまなプログラミング言語を用いて、目的に応じたプログラムを作成できる技術を習得する。具体的には、C、C++、C#、java、を対象とし、その言語の特徴と記述の仕方を対比させながら学ぶ。また、プログラムの動作の仕組みである、プロシージャ、メッセージについて学び、Windowsアプリケーション、Webアプリケーション、Javaアプリケーションを作成するとともに、プログラムデバック、プログラムテストの手法を学ぶ。
本科目では、自ら考える力、高度情報化社会が要求する多様な先端技術に柔軟に対応できる基礎学力、最新知識へ対応できる応用力を培う。
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はないが、「プログラミング入門」は修得済みであることを仮定する。
履修のポイント
留意事項
毎回宿題を出題する。授業時間以外での予習復習が必要である。
学部・学科必修/選択の別
情報通信学部 通信ネットワーク工学科 選択

2019/04/01 20:37:36 作成