授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 データベース
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
データベースとは大規模なデータを保管、管理するための仕組みである。本教科の講義では、データベースの基本概念や重点理論を分かりやすく導入し、データベースの設計や構成法について具体的に解説する。講義内容に対する理解を深めてもらうために練習問題を出題する。また、本教科の演習において、実際のデータベースシステムMySQLを用いて、データ管理や操作の各種命令や関数について紹介する。その上で、漸進的に総合問題を取り組んでもらい、より実践的な応用能力を身につけてもらうように構成している。
本科目では,自ら考える力,高度情報化社会が要求する多様な先端技術に柔軟に対応できる基礎学力,最新知識への対応できる応用力を培う.
先修条件または
他の授業科目との関連
授業の前提とする知識と能力:
1.「コンピュータの基礎」で学んだコンピュータアーキテクチャに関する知識。
履修のポイント
留意事項
(1)授業進度に則して演習課題を出題する。
(2)定期試験の得点と演習課題の完成状況を総合して成績を評価する。
学部・学科必修/選択の別
情報通信学部 通信ネットワーク工学科 選択

2019/04/01 20:37:36 作成