授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 通信ネットワーク実習1
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
コンピュータを相互接続する機能の階層的取り決めであるOSI参照モデルでは、通信機能を7階層に分けて定義している。本科目では,通信ネットワークシステムの機能階層のうち、主に物理層およびデータリンク層について学習する。物理層は、通信回線との信号のやり取りを受け持つ層であり、データリンク層は、隣接する機器間での信号の受け渡し機能を提供する層である。座学と実習を組み合わせることにより、通信ネットワークシステムの設計・構築に必要な基礎事項と応用をバランス良く身につけることを目標とする。
先修条件または
他の授業科目との関連
通信ネットワーク入門、インターネット入門を履修していることが望ましい。
履修のポイント
留意事項
通信ネットワーク工学の基幹的な内容を実践的に学習する科目であることから履修を強く勧める。
学部・学科必修/選択の別
情報通信学部 通信ネットワーク工学科 選択

2019/04/01 20:37:36 作成