授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 現代海洋論
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学部共通科目)
授業の目標
海洋に関連する現代的な諸問題を体系的に理解するには、海洋というシステムが持つ機能と人類の活動が海洋にもたらす影響の相互作用の理解が不可欠である。本講義は、海洋学部に入学してくる学生に対し、海洋の構造と機能、人類が利用しうる資源と価値、さらに利用と保全をめぐる技術や政策等について概観する。海洋学部の教育の基礎は、人類が抱える多様な地球環境問題に対して、海洋を通してその全体像を把握し、正しく理解することにある。本講義を通して海洋をめぐる現代的諸問題に対し、学生各自が将来自分の専門分野の位置づけを理解して社会貢献できる人材となるように自ら考える力を養うことを目標とする。
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件は無い。本科目は海洋に関する諸問題を幅広く扱い、内容は海洋学部に在籍する全学生が海洋に関する基礎的知識として身に付けるべきものであることから、各学科専門科目を学ぶ上で潜在的関連がある。
履修のポイント
留意事項
本科目では、海洋を総合的に理解し捉えることができる知識と思考の育成が重要である。このことから、学生自身の望む専門的学問分野や興味のみにとらわれず、幅広い視野をもって、あらゆる分野の事象に対する理解と知識の吸収に心がける姿勢が大切である。
学部・学科必修/選択の別
海洋学部 必修

2019/04/01 20:37:36 作成