授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 環境社会概論
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
本科目は、環境社会学科が目指す「人と自然にやさしく、安心安全な社会の創造」とは何かということについて、具体的に個々の教員の専門分野を通して概説することにより、本学科の学習計画と学習内容(カリキュラム)を理解し、学生の学習意欲の向上と今後の学習に対する動機付けをおこなうこと目的とする。
 本科目は、学科所属の専任教員全員によるオムニバス形式で講義を実施する。各教員は2回から4回の講義を担当し、「環境と自然科学」、「環境と社会学」の観点から、各教員の専門分野における内容を具体的な事例などを取り上げ概説する。本講義を通して、現代社会における環境問題の問題点を発見し、解決するための構想力を身につける。さらに、人間・社会・環境のあるべき姿を考え未来を見つめ、文理融合的発想力をもって環境問題に取り組むための実践力の基礎を養う。
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件は無し。本科目の目的は、環境社会学科の学習内容全体を理解し、今後の学習に対する導入を行うことにあることから、学科で開講されている全科目への動機付けとして潜在的関連がある。
履修のポイント
留意事項
本科目を履修することにより、環境社会学科の教育目標及び人材育成目標を理解し、さらに、今後4年間の学習計画や将来計画を考える重要な機会となることを十分認識して、積極的な学習姿勢で取り組むことが重要である。本科目の性質上1年次での履修が必要である。
学部・学科必修/選択の別
海洋学部 環境社会学科 必修

2019/04/01 20:37:36 作成