授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 環境とエコエネルギー技術
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
今日の生活や産業活動において電気と熱エネルギーは、今や必需であります。わが国で使用している電力の6割以上は、化石燃料から発電しています。このまま化石燃料を使い続けると、現在380ppmである大気中のCO2濃度が増加し、2050年には500ppmから550ppmになることが予想され、IPCC4次報告にあるように人類生存の危機となります。
 ここでは、先ず地球温暖化問題について述べます。次に、太陽光、風力、地熱、バイオマス、海洋エネルギーなどの再生可能エネルギー技術について詳述し、特に先進的なEU諸国の技術と導入状況について講述します。
先修条件または
他の授業科目との関連
地球温暖化の現状とその対策の知識を前提に授業を行うことから、本講義を受講しようとする学生は「環境とテクノロジー」と「地球環境の危機」の科目を前もって履修することを推奨します。
履修のポイント
留意事項
地球温暖化は人類生存の問題ですから、使命感を持って知識と技術を吸収する授業態度が大切です。
学部・学科必修/選択の別
海洋学部 環境社会学科 選択

2019/04/01 20:37:36 作成