授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 サンゴ礁の保全と再生
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
将来サンゴ礁の環境保全に携わる人材を育成することを目標とする。授業形態は教室での講義と実習とする。まず、なぜサンゴ礁を保全する必要があるのかを理解するため、サンゴ礁が担うさまざまな役割について学習し、現在サンゴ礁が直面している危機的な状況を把握する。次に、科学的な保全対策を進めるために必要なモ二タリング調査の手法とデータの読み取り方について学習する。そして、これまで進められてきたサンゴ礁の保全と再生の取り組みを紹介し、今後どのような対策が必要なのかを考える。
先修条件または
他の授業科目との関連
サンゴ礁の保全と再生と内容的に関連性のある科目として、「砂浜生態系の保全」「マングローブの保全生態学」「自然環境の保全と再生」等があります。
履修のポイント
留意事項
サンゴ礁の自然に興味があり、その環境保全に情熱を持って取り組む意欲のある学生の履修を望みます。

学部・学科必修/選択の別
海洋学部 環境社会学科 選択

2019/04/01 20:37:36 作成