授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 景観環境学及び演習
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
良好な景観は、美しく風格のある国土の形成と潤いある豊かな生活環境の創造に不可欠であり、国民共有の資産と規定した景観法が制定されました。現在、各地域では、自然、歴史、文化等人々の生活、経済活動との調和によって形成される地域の個性ある景観形成への取り組みが進められています。
本講義・演習では、@景観の概念、知識A景観資源の現状及び課題B地域アイデンティティ調査C景観計画のための合意形成手法D景観設計・景観コンピュータグラフィック技術の取得E評価を体系的に学習します。先進的な事例などをもとに関連知識を深める理論を応用し景観形成・設計の実務を学びます。さらに、より良質な社会資本の整備と、潤いある豊かな都市及び地域づくりへの取組に応用します。
先修条件または
他の授業科目との関連
関連する科目は
・海洋・環境の法規
・安全安心のまちづくり
履修のポイント
留意事項
産業構造変化を迎えた今、美しい港・沿岸域・集落・都市・国土を再生するよい機会です。その地域の歴史・文化を読み取り、地域に生きる人々とともに魅力的な景観形成をすすめましょう。
学部・学科必修/選択の別
海洋学部 環境社会学科 選択

2019/04/01 20:37:36 作成