授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 多変数の微積分
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 通常の微積分の講義で、多変数を扱うことは時間的制約がありなかなか容易なこ
とではない。しかし微分方程式、ベクトル解析や確率・統計などの理工学の科目は、
偏微分法や重積分がほとんど既知のものとして講義される。本講義は多変数の微積
分を一から系統立てて学んでいき、専門科目で頻出する計算問題を無理なくこなせ
るよう意図したものである。偏微分法では全微分可能性と接平面の方程式、合成関
数の(偏)微分公式を学ぶ。重積分では2重積分と累次積分の関係、積分変数の変換
(特に極座標表示)を必須項目とする。

授業で育成する力・スキル:「海・自然を知る」為の基礎科目である。
先修条件または
他の授業科目との関連
 先修条件は無いが、「微分積分1・2」を履修してから履修することを薦める。また、できれば「線形代数1・2」も履修をしておくとよい。今後、「確率統計学」、「微分方程式」、「フーリエ解析」、「複素解析」なども履修することを望む。
履修のポイント
留意事項
 講義では数学的な理論・計算が中心になるが、数学以外での分野での応用を心掛け、その事象を様々な角度から考察する事で、理論の理解の助けにもなると思う。

学部・学科必修/選択の別
海洋学部 海洋地球科学科 選択
海洋学部 航海工学科                航海学専攻 選択
海洋学部 航海工学科                海洋機械工学専攻 選択

2019/04/01 20:37:36 作成