授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 物理学実験
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
物理学の法則がどのような実験知識から、どのようにして得られたか、またどのようなやり方で問題を実験的に調べる事ができるのか、さらにいろいろな装置を、その特性を理解した上でどのよう利用するのか、こうした多様な疑問に答える道を学ぶのが「実験」である。用意されたテーマは、全て物理学の上で基礎的な現象から採られている。また使用する測定器あるいは種々の装置は、自然科学系の実験室において一般的に使用されているものが多い。実験を通して、物理学の理解、特に物理法則、現象の記述の方法(作法)、さらには科学的なレポート一般の作成法などについて修得することを目標とする。
先修条件または
他の授業科目との関連
本学部において開講される他の物理学の講義科目すべてと強い関連がある。
履修のポイント
留意事項
各テーマには専属の担当者がいて、実験前のガイダンス、実験後のディスカッションを行い、理解を深めるようにしている。疑問点や不安な事柄は積極的に質問をすることが肝要である。予習を踏まえ、実験を通して自主性・積極性を自ら養ってほしい。評価は殆どが提出されたレポートに基づいて行われるが実験ノート(指定)や実験に取り組む姿勢なども考慮される。
学部・学科必修/選択の別
海洋学部 海洋地球科学科 選択
海洋学部 水産学科                 生物生産学専攻 選択
海洋学部 水産学科                 食品科学専攻 選択
海洋学部 海洋生物学科 選択
海洋学部 航海工学科                航海学専攻 選択
海洋学部 航海工学科                海洋機械工学専攻 必修

2019/04/01 20:37:36 作成