授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 水産通論
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
  本講義は水産入門ゼミナールや科学表現論と同様の初年次科目である。現在,水産の生産分野では,持続的な生産を保つために,資源管理,産卵場の保護や造成,種苗放流,種苗育成のための餌料開発などが活発に行われている。一方,食品分野では,より付加価値を高める利用加工や安全,衛生面での研究が盛んである。本講義では,水産生物の生態,資源管理や増養殖の現状,病理,食品としての利用加工や衛生などについて,専門の教員が講義する。水産の初学者に対し,水産学の全体像ならびに現在,起こっている様々な問題点を知らしめ,専門分野での考える力を養うことを目標とする。
 本授業で養う力は,自ら考える力,および海・自然を知る力である。
先修条件または
他の授業科目との関連
  本科目は水産学科の専門科目を学ぶための導入科目として位置づけられ,必修科目である。水産学の全体像を知ることができるので,第1セメスターで履修することが望ましい。
履修のポイント
留意事項
  本講義では,水産学科の教員が一コマずつ,授業を担当する。水産にかかわる多様な分野が紹介され,幅広い知識を有することができる。したがって,2年次以降の学習の方向性を考える意味でも重要である。講義される分野が広いので,十分な復習が必要である。
学部・学科必修/選択の別
海洋学部 水産学科                 生物生産学専攻 必修
海洋学部 水産学科                 食品科学専攻 必修

2019/04/01 20:37:36 作成