授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 機能性食品学
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 食品の機能には、栄養、嗜好、生体調節に分類される。特に三次機能である生体
調節は、健康をプロモートする機能性成分が注目され、これらを添加した健康機能
性食品が開発されている。生活習慣病やメタボリックシンドロームの発生要因やそ
の予防法について学習し、さらに食品中に含まれる各種健康機能性成分とその作用
機序を分子レベルで理解する。また、わが国における機能性食品開発の経緯や各種
食品の有効性について学習する。


先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件では無いが、食品化学、食品栄養学が関連科目になる。
履修のポイント
留意事項
 食品業界での機能性食品に関する最先端の知識を習得する。興味のある成分の作用機
構については関連文献で調査することを勧める。

学部・学科必修/選択の別
海洋学部 水産学科                 生物生産学専攻 選択
海洋学部 水産学科                 食品科学専攻 選択必修

2019/04/01 20:37:36 作成