授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 HACCP実務管理論
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
HACCP(Hazard Analysis and Critical Contol Point)は食品の安全性を保証するた
めのシステムであり事実上の国際標準となっている。わが国では食品業界が産官学
の協力体制のもと自主的に取り組んでいるが、さらなる普及が求められている。
HACCPシステムは科学的・論理的であることから、必要な知識とトレーニング方法が
国際的に示されている。本科目は国際的なトレーニングカリキュラムに沿って実施
される。なお、食品衛生学、基礎微生物学、微生物学実験および品質管理学を学ん
だ後に受講できる。
先修条件または
他の授業科目との関連
食品化学、基礎微生物学、食品製造学、食品衛生学および品質管理学が先修条件と
なる。
履修のポイント
留意事項
夏季集中授業での実施となる。食品科学専攻の学生は出来るだけ履修すること。
学部・学科必修/選択の別
海洋学部 水産学科                 生物生産学専攻 選択
海洋学部 水産学科                 食品科学専攻 選択

2019/04/01 20:37:36 作成