授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 臨海実習
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目・学科開講1グループ
授業の目標
 沿岸域は陸域からの栄養塩・有機物の流入が豊富な上、大型藻類や海草類など底生植物による一次生産が盛んな環境であり、きわめて多様な海洋生物が認められる。また、われわれにとってもっとも身近な海洋環境であるとともに、豊富な生物量を背景に漁業など人間活動が盛んな場所である。本実習では、岩礁性潮間帯における現場での生物観察・調査、潮下帯におけるドレッジ採集等を通じて沿岸域の海洋環境と海洋生物の多様な形態・生態に理解を深めることを目的とする。同時に、海洋生物の初期発生の観察によって生命の神秘の一つといえる発生学的現象に触れるとともに、野外で得られた各種生物の観察・同定方法、標本の作製方法、データ解析等について学ぶ。
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はないが、沿岸環境や海洋生物の各生物群を概観するためにも「海洋生物学概論」を修得し、海洋環境・海洋生物の基礎知識について学んでおくとよい。また、本実習の内容は「ベントス学」、「プランクトン学」、「沿岸植物学」、「沿岸生態調査実習」等の科目の理解にも役立つ。
履修のポイント
留意事項
 本科目は、事前の講義、外部の臨海施設を利用した現場での実習、事後の標本整理・データ解析・発表を含む。外部施設を利用するので、振る舞いには十分に気をつけること。また、野外活動時には怪我などを避けるため、事前にしっかりと体調を整えるとともに、落ち着いて行動することが求められる。海洋学部周辺にはみられない岩礁性潮間帯の観察・調査が含まれるので、その環境や生物の生態・分布上の特徴について事前に学んでおくと理解が深まる。
学部・学科必修/選択の別
海洋学部 海洋生物学科 選択必修

2019/04/01 20:37:36 作成