授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 プランクトン学
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
海洋プランクトンは、極域から赤道域まで、海面から深海底付近まであらゆるところに生息し、多種多様な形態と生活様式を持つ。また、海洋食物網において、植物プランクトンは一次生産者として生物生産の中核を占め、動物プランクトンは二次、三次あるいはより高次の生産者として、高次食段階へのエネルギー輸送をになう生物群である。この科目では、プランクトンの持つ多種多様な形態、生活史、種多様性、生態学的重要性についての基礎知識を、網羅的かつ体系的に学習することを目標とする。また、地球環境変動とプランクトンとの関わり、人間活動とプランクトンとの関わりについても学んでいく。
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はない。海洋生物学概論、ベントス学、沿岸生態調査実習、海洋生物学実験、海洋実習と関連する。
履修のポイント
留意事項
授業は配布資料などを使って進めるので、理解できたかどうかはノートと復習で確認したい。常に疑問点を持って授業を聞き、質問を積極的にして欲しい。なお、特に重要と考える課題が見つかった場合には、リポートを課すことがある。その場合には、定期試験の評価の一部をあてる。
学部・学科必修/選択の別
海洋学部 海洋生物学科 選択

2019/04/01 20:37:36 作成