授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 海棲哺乳類学
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
海洋には鯨類や鰭脚類をはじめとする多くの海棲哺乳類(海獣類)が生息している.
これらの動物は海洋生態系において重要な役割を演じ,また,人類とのかかわりに
おいても,さまざまにその発展に寄与してきた経緯がある.しかしながら,その人
類が引き起こした昨今の海洋汚染・地球温暖化について,その影響を直接的に被っ
ているのが現状である.
このような事情に鑑み,本講義では海洋生態系の頂点を占める海獣類の生物学的特
性と海洋生態系における彼らの役割を認識することにより,これらの動物との共
存・共生の道を模索する.
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件科目は特にない.しかし,海洋生態系の高次を占める動物群に関する内容であるため,「基礎生態学」,「海洋生態学」などの科目は本講義の理解の助けになる.また,本講義では海獣類を動物学的視点から捉えていることから,「魚類学」「プランクトン学」「ベントス学」といった科目で,他の海洋動物の基礎的な知識を習得しておくことが望ましい.

履修のポイント
留意事項
本講義は,海獣類の諸分野が複合された内容である.そのため,積極的に図書館へ足を
運んで海獣類に関する図鑑や一般の書物で予備知識をつけておくことも理解の助けにな
る.


学部・学科必修/選択の別
海洋学部 海洋生物学科 選択

2019/04/01 20:37:36 作成