授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 環境化学実験
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目・学科開講1グループ
授業の目標
環境汚染は水を介して拡大することが多いため、本実験の主な項目は、水質分析で
ある。これを踏まえて本実験の目標は二つある。一つは水質の測定法を自分の五感
を通して知ることで、さらに一つは化学分析の基本技を習得することである。化学
分析の基本技術というのは一番使われることが多く、そのため絶対になおざりに出
来ない技術のことである。具体的には,ガラス器具の洗い方、ピペットの使い方等
である。化学や生化学の分野を希望する人には積極的に取り組むことを勧める。
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はないが「水質学」または「環境化学」のどちらかを履修することが望ましい.前者では,環境汚染が水を介して拡がって行くことを理解してもらいたい.また後者では,環境を化学的に見ることの重要性を理解してもらいたい.本実験の履修は「沿岸生態学実習」、「生物環境毒性論」等の理解の一助になろう.
履修のポイント
留意事項
本実験では強酸・強アルカリといった様々な化学薬品を取り扱うため,取り扱いには細
心の注意が必要であるが,本実験を履修する事により安全に取り扱うための技術を修得
できる.また本実験では班体制で実験を行うため技術修得には積極的な授業参加が必要
である.レポートは基本的には実験ごとの提出となる.
学部・学科必修/選択の別
海洋学部 海洋生物学科 選択必修

2019/04/01 20:37:36 作成