授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 海洋保全政策
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 めまぐるしく変化する国際情勢において,海洋をめぐる社会環境も複雑な様相を呈している.種々の水産活動・海洋活動に対する国家的・国際的な介入が行なわれ,漁場,漁業,流通,金融,労働力等に関する広範な政策が制度化,施行されている.
 本講義では,それらの制度の基本となる漁業権制度,漁業許可制度,国際海洋法制度の骨格と内容を説き,漁場に関する資源管理制度(TAC,IQほか),漁業経営に関する合理化政策に力点をおき,解説する.
先修条件または
他の授業科目との関連
 先修条件はない.関連科目として,「海洋生物管理保全論」などが挙げられる.
履修のポイント
留意事項
 講義で用いる基本的な用語を理解することが授業の内容の理解を促す.
学部・学科必修/選択の別
海洋学部 海洋生物学科 選択

2019/04/01 20:37:36 作成