授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 物理学基礎
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
高校での物理履修歴が本学科で用いる物理学の知識に対して少ない者対象の科目である。本学科では物理学の中でも特に力学が多く用いられるが、その他熱力学、電磁気学などの知識も持っていることが望ましい。そのため、古典物理学の広がりを知り、その基本的な自然把握の方法を理解し、さらに力学については具体的な問題解決方法のいくつかを身に付けるのが目標となる。

まず、全体としては物理学が自然法則、現象を、数学を用いて記述する学問であることを理解し、特に物理量の数値化の手法としての次元の概念を理解し、また国際単位系の使用法を身に付ける。次に力学の基礎を学び、簡単な問題(等加速度運動、円運動、振動運動)の解決法を学び、また物理現象のいくつかはエネルギー収支の観点からも扱えることを知る。さらに熱力学の初歩として熱機関の効率までを概観し、電磁気学についてはその理論の基礎(場、力線の概念、電位の定義、4つの基本法則)を概観した後、その上に電気回路の理論が組み立てられることを学ぶ。なお力学以外については全体を概観し、その根本精神を学ぶことを優先する。
先修条件または
他の授業科目との関連
本科目の性質上、先修条件はない。特に高校で物理関係の科目を履修しなかった者に勧める。なお本科目とは異なり「自然を観る眼(物理)」はある程度「物理とは何か」のイメージがある者に対し力学に特化して物理学の基本問題を学ぶものとなっている。本科目を履修してから、あるいは本科目履修と同等の学力をつけてから「力学入門」、「基礎電磁気学」、「基礎熱力学」を履修することが強く推奨される。
履修のポイント
留意事項
概念を身に付けることを優先する、としたが、我々人類が学問を学ぶ際には自らの手で簡単な演習問題を解くことが不可欠であるので、単に講義を聴講するのだけではなく、出された課題を自分で解き、随時復習することが肝心である。
学部・学科必修/選択の別
海洋学部 航海工学科                海洋機械工学専攻 選択

2019/04/01 20:37:36 作成