授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 制御工学
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
制御工学は、非常に高度に体系化されており、現在では、あらゆる工業分野において必要不可欠な技術となっている。センサ、コンピュータ、アクチュエータをシステムとして統合し、制御対象となる機械が目標値を達成するよう制御する理論が制御工学だが、本講義ではその入門について学ぶ。一般的には、制御工学の扱う内容は、対象の定式化、ラプラス変換、行列演算など、数学的な内容が多いが、本講義では入門の立場から具体的なデバイスについても解説し、数学的な内容だけでなく、システム全体がイメージできるように解説する。
先修条件または
他の授業科目との関連
微分積分、微分方程式、線形代数を履修しておくことが望ましい。ロボット等に関連した卒業研究を希望するものは履修していることが望ましい。
履修のポイント
留意事項
数学的な内容が高度になる。また、エレクトロニクスの基礎知識などが必要になる。授業内で説明するが、不明な点は、自分で調べて明らかにしていくように望んでほしい。それでも不明な場合は、別途質問に来て良い。
学部・学科必修/選択の別
海洋学部 航海工学科                海洋機械工学専攻 選択

2019/04/01 20:37:36 作成