授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 船舶工作法
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
海洋機械に携わっていく上で、造船、橋梁、プラントなど鋼製構造物を扱う製造業の生産技術について理解しておくことは重要である。本講義では、総合技術産業の代表である船の建造を例に、計画・設計・製造の各場合における製造技術について説明すると共に、ものつくりの現場を紹介し、生産管理システムや生産ラインの自動化技術などの概要を紹介する。
先修条件または
他の授業科目との関連
工業材料や船舶、海洋構造物に関連する科目を修得しておくことが望ましい。
履修のポイント
留意事項
プリント等を講義時に随時配付し、これに基づき講義するので、よく復習すること。将来、造船、橋梁、プラントなど鋼製の構造物を製造する企業に進む学生には、本科目を履修することを推奨する。
学部・学科必修/選択の別
海洋学部 航海工学科                海洋機械工学専攻 選択

2019/04/01 20:37:36 作成