授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 財務会計
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 本講義は、企業が株主や債権者などの外部の利害関係者に関して経営成績や財政状態を報告する目的で実施している財務会計について、企業会計原則を中心としつつ商法計算規定その他の会計法令にも言及して、総合的かつ体系的に解説する。
 財務会計の学習と研究に際しては、企業が会計処理と財務諸表の作成・公開にあたって準拠するべきルールとされている会計基準を深く理解する必要がある。このため、証券取引法や商法の下で企業が財務会計を行う場合に基本となる会計基準をできる限り包括的に取り上げ、その具体的な内容を説明する。説明に際してはできるだけ多くの数値例と仕訳を用いる。
 前半部は財務会計の総論的な説明に充てる。また、仕訳を通じて会計を理解する基礎を確立するため、複式簿記の手順を解説する。次に、財務諸表の主要項目を順に取り上げて、それらの会計処理を説明する。これを踏まえて個別・中間及び連結の各財務諸表について、その作成方法を解説する。最後に、国際化時代の会計問題として重要な外貨建取引や外貨建財務諸表の換算を取り扱う。

先修条件または
他の授業科目との関連
管理会計、コーポレート・ファイナンスを同時並行に履修することが望ましい。
履修のポイント
留意事項
受講者は、この授業を履修することにより、会計理論上の会計数値の計算に関する基本的コンセプトを理解することを通じて、(1)会計情報の示す意味内容を正確に理解し、(2)会計情報の限界を理解し、(3)公表されている会計情報を経済分析や経済的意思決定のために適切に利用することができるようになる。
学部・学科必修/選択の別
経営学部 経営学科 選択

2019/04/01 20:37:36 作成