授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 流通論
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
流通論では以下の4つの観点から講義目標を構成している。第1に、日本の流通研究に大きく影響を与えている先行研究の理解である。第2に、日本の流通構造や取引慣行などの分析をふまえて、現実的な流通政策やその市場成果について概観する事である。第3に、SNSを利活用した新しい流通論の特質や問題点について理解することである。最後に、新しい知識がどのように創造されるか知識創造の分析枠組についても解説する。
先修条件または
他の授業科目との関連
関連科目:経営学特論、産業組織論、ブランド論、地域企業家論
履修のポイント
留意事項
本講義では、知を創造する新しい分析枠組を説明する。そのため、従来通りの、メーカー、卸、小売、消費者といった古い枠組の理解との違いや共通点の理解が履修のポイントとなる。
学部・学科必修/選択の別
経営学部 経営学科 選択

2019/04/01 20:37:36 作成