授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 チャネル事例演習
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
本講義はバックリンの流通チャネル構造論をベースに、制度学派のアプローチ、機能論者のアプローチ、行動システム論アプローチ、アブダクションアプローチなどの方法論を取り扱う。第2に、日本の流通チャネル研究における現状とダイナミズムを事例研究を取り上げることによって検討する。第3に、整列比較法をもちいた主観的先行関係導出法を理解することを目標とする。
先修条件または
他の授業科目との関連
関連科目:ガバナンス論、組織行動論、グローバル企業家論、経営組織論、サービスマーケティング、アグリマーケティング論
履修のポイント
留意事項
本講義演習では、事例研究を取り扱う。具体的な企業名などがでてくるので新聞の精読などが履修のポイントとなる。
学部・学科必修/選択の別
経営学部 経営学科 選択

2019/04/01 20:37:36 作成