授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 日本の文化と観光
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
グローバル化社会の中での観光を考える場合にそれぞれの地域の特徴はまずその地域の文化に現れる。本科目では、このグローバル化する社会の中で、日本の文化的な特徴をよく知り、他の国々や地域との文化的な相違を学ぶ。その上で、日本における文化的な資源を活用した観光について、日本に存在する文化資源を分類して体系的に学び、次いで観光産業との関わりや保全・管理及び活用方策を理解する。さらに、近代・現代における東アジアおよびヨ−ロッパ・アメリカとの関連に着目して日本の文化論を講じたうえで、観光の実態、国内外の旅行者の受入れ状況、自然遺産と文化遺産、交通網の整備などを解説して日本観光の今後の可能性を論じる。
先修条件または
他の授業科目との関連
グロ−カル科目の基礎となる科目で「九州の文化と観光」、「ヨ−ロッパ・アメリカの文化と観光」、「アジア・イスラ−ム圏の文化と観光」と関連する。
履修のポイント
留意事項
観光ビジネス学を効果的に学ぶための基礎的な科目である。毎回出席し、予習・復習を
欠かさないことが必要である。「九州の文化と観光」と併せて履修することが望ましい。

学部・学科必修/選択の別
経営学部 観光ビジネス学科 選択

2019/04/01 20:37:36 作成