授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 基礎物理学
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学部共通科目)
授業の目標
「物理学」は、理学や工学分野においては基礎学問である。この知識や考え方、計算手法の理解は工学専門領域に進んで活躍するものにとっては必須の素養である。本科目は身近に見られる物理現象を中心に、基本的な内容を中心にして物理的考え方を理解する。また物理現象を数式で表現し、その意味を理解するための基礎的な考え方や方法について学ぶことを目的とする。
理学、工学分野では数学的手法を多く使うことが多いが、基礎課程を学ぶ学生の中にはその意味を十分に理解できないで利用している場合がある。数式は現象の表現手法であり言語表現以上に意味深いことを理解することが重要である。どのような因果関係によって現象が起こっているのかを見極めて、その関係を数式によって表現する力が自然科学や技術の理解には不可欠である。
本講義では高校までの物理学の復習もかねて、基本的物理単位、質点の力学および波動を中心にした基礎的事項を解説し、その表現法としての数学を結び付けて理解できるようにする。また波動においては波としての基本的性質から学習する。
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件などはありません。
履修のポイント
留意事項
理学、工学の基礎をなす科目なので、演習など復習を必ず行うこと。また疑問に思うこと、理解できないことは必ず質問して理解することを心がけること。
学部・学科必修/選択の別
基盤工学部 選択

2019/04/01 20:37:36 作成