授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 線形代数
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学部共通科目)
授業の目標
「線形代数」は、工学系の専門科目の共通言語とも言うべき、極めて汎用性の高い
ものであり、また、文系・理系を問わず、さまざまな方面に応用できる基礎的な学
問でもある。すなわち、行列と行列式について、基本的概念、計算法及び簡単な応
用などを一通り整理して学習する。授業が知識の羅列にならないように、常に「身
近な連立方程式を解く」、「連立方程式の解の仕組みを視覚的に捉える」というこ
とを意識しながら授業を展開する。

授業で育成する力・スキル
全学共通:自ら考える力
   学部:社会基盤における工学技術を理解する力
  学科:電気・電子・情報に関する基礎力(電気電子情報工学科)
     工学的評価法を医療に提供できる力(医療福祉工学科)
先修条件または
他の授業科目との関連
(1)先修条件:
先修条件はない。
(2)他の授業科目との関連:
工学系の諸分野の専門の基礎となる科目である。
履修のポイント
留意事項
当科目で必要とする基礎知識は主に四則演算であり、高校で学んだ数学の内容はあまり
必要としない。新たな分野を0から学ぶ姿勢で取り組んでほしい。線形代数は行列を扱う
内容であるが、理論だけでなく、実際の計算の両面に渡って理解を深めることが大切で
ある。授業は一方的な理論展開とならないよう、随所に問題演習を取り入れながら進め
ていく。また、頻繁に小テストを実施し、理解を深める。
学部・学科必修/選択の別
基盤工学部 選択

2019/04/01 20:37:36 作成