授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 微積分2
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学部共通科目)
授業の目標
微積分学は工学系の諸分野の共通言語とも言うべき、極めて汎用性の高い学問であり、専門科目を学ぶ上での重要なツールである。この科目では微積分学の中で1変数関数に対する積分法更には多変数関数に対する多重積分法について学ぶ。

授業で育成する力・スキル
全学共通:成し遂げ力
   学部:安全・安心な社会基盤を構築する力

先修条件または
他の授業科目との関連
(1)先修条件:
先修条件はない。
(2)他の授業科目との関連:
「微積分2」は「微積分1」を履修後に履修することを強く推奨する。
授業内容では「微積分1」の知識は持っているものとして展開されることが多い。また、「微分方程式」では「微積分1」と「微積分2」で学んだ微分積分学の知識を必要とする。

履修のポイント
留意事項
当科目の内容は専門分野を学ぶ上で重要な基礎科目であることを十分認識して受講してほ
しい。日頃の予習・復習は特に重要である。授業で学んだことはその日の内に復習する習慣を身に付けてほしい。理解度を確認するために、頻繁に課題提出を求める。

学部・学科必修/選択の別
基盤工学部 選択

2019/04/01 20:37:36 作成