授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 地理情報処理
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
現在は、人工衛星に搭載された各種センサーを使って、地球の様々な環境をグローバルに遠隔計測できる時代である。精度の高い地理情報と衛星測位技術(GPS)を利用した地理情報システム(GIS)は、様々な分野への応用が期待されている。本講義では、地理情報処理の基礎としての測地学の内容を押さえた上で、衛星観測により確立された世界測地系やGISの基本的概念を理解し、GISを用いた防災や環境分野(地震・津波・台風などの防災情報、気象情報)への応用などの各種可視化・空間分析手法について学ぶ。

先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はないが、「プログラミング」を履修しておくことが好ましい。他には、「画像処理」、「データベース」などの情報工学分野の科目と関連がある。

履修のポイント
留意事項
授業内容の復習をしっかりと行い、レポートを期限内に提出すること。
学部・学科必修/選択の別
基盤工学部 電気電子情報工学科 選択

2019/04/01 20:37:36 作成