授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 地方自治論
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
日本でも国主導型の民主主義ではなく、地域主導型の民主主義が求められつつある。地方分権・市町村合併を
通じて地域の自立の可能性がすすんでいる。一方で、地域行政の効率化・民主化とともに、他方で行政を監督
したり公共的事業に参画したりする市民自治が大いに求められている。国と同様に自治体もまた財政逼迫、議
会の空洞化、情報公開の未成熟、金太郎飴のような地域政策などさまざまな問題を抱えている。ここでは地域
民主主義の可能性という視点に立って、現代日本の地方自治の制度と実態とを、とくに市町村に焦点を当てて
概観する。
 この授業の育成したい力・スキルは、「自ら考える力(全学共通)」、「地域社会に貢献する力(国際文化
学部)」、「分析・考察力(地域創造学科)」である。
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件なし
履修のポイント
留意事項
シラバス詳細を熟読し、履修を決定すること。 

学部・学科必修/選択の別
国際文化学部 地域創造学科 選択

2019/04/01 20:37:36 作成