授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 陸上競技の理論と実習
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 陸上競技を「走る・跳ぶ・投げる」と称して「動作の基本」と呼ぶ事があります
が、「より速く走る、より遠く(高く)跳ぶ、より遠くへ投げる」という陸上競技の
動作の中身は、極めて特異な、応用的な技術を持っています。そこで、競技種目の特
性・技術的な理論・指導上の留意点などを実技を通じて具体的に学んでいきます。特
に、走種目(ハードル走を含む)と跳躍種目を重点的に行います。また教員採用試験
を視野に入れ、試験で課されやすい種目も行ないます。
この授業で育成したい力・スキルは、「自ら考える力(全学共通)」「地域社会に貢献
する力(国際文化学部)」「実践指導力(地域創造学科)」「リーダーシップ能力(地域
創造学科)」です。

先修条件または
他の授業科目との関連
他の授業科目との関連は、運動学・スポーツ指導法・トレーニング科学など。
履修のポイント
留意事項
学習を円滑に進めるため、専用のシューズを用います。持っていない場合は各自で購入をして頂きます。
学部・学科必修/選択の別
国際文化学部 地域創造学科 選択

2019/04/01 20:37:36 作成