授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 器械運動の理論と実習
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 本講義では、器械運動におけるマット、跳び箱、鉄棒などの器械や用具を使用し、それぞれの特徴を生かした技術や練習方法及びその理論などについて学ぶとともに、自己の能力に応じて「技を習得する」ことと、「技を円滑にできる」「技がよりよくできる」ことがねらいとなります。また、実技を通じて体力に応じた完成度を求め、達成感を実際に体感するだけでなく、指導者の立場からマット運動、跳び箱、鉄棒などの技を上手にさせる方法や補助の仕方などを理論と実技などを通して学びます。
 この授業で育成する力・スキルは、「挑み力(全学共通)」、「地域社会に貢献する力(国際文化学部)」、「実践指導力(地域創造学科)」、「リーダーシップ能力(地域創造学科)」です。 

先修条件または
他の授業科目との関連
学習指導要領の体育科目として取り上げられている。特に保健体育の教職を目指す学生の確実な技の修得するだけでなく、指導方法についても学ぶことになる。 
履修のポイント
留意事項
学習指導要領の体育科目として取り上げられている。特に保健体育の教職を目指す学生の確実な技の修得するだけでなく、指導方法についても学ぶことになる。 
学部・学科必修/選択の別
国際文化学部 地域創造学科 選択

2019/04/01 20:37:36 作成