授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 保健体育科教育法1
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 保健体育の「教師論」「教科の本質」「教科の構造と目標」「生徒の心身の健康
と発達課題」「学習内容」「学習指導法」「学習評価法」等の内容を取り扱う。講
義のねらいは、教科教育の専門的な知識と指導法の習得だけでなく、教師としての
幅広い教養と技術を身につけることにある。また、今日の生徒の健康・発達や保健
体育・スポーツと教育についての深い洞察力、教育の実践者として即応できる指導
力を養う。
 この授業で育成しようとする力・スキルは、「集い力(コミュニケーション力、
関係構築力、アイデンティティ獲得)」「地域社会に貢献する力(地域の特性を見
極め、地域や人間の力を発揮させる力)」「実践指導力(修得した知識を学校教育
およびスポーツ活動などの実践指導に活かす力)」である。
先修条件または
他の授業科目との関連
セメスター先修条件「5セメスター」
科目先修条件「教職論」「教育原理」「教育心理学」「教育制度論」から3科目
関連科目「保健体育科教育法2」「保健体育科教材論」「保健体育科教育法特論」
履修のポイント
留意事項
保健体育教員免許取得希望者のみ履修する科目。
教師を目指す学生は、その自覚と責任を持って受講すること。
原則、欠席は認められない。
中学校・高等学校学習指導要領および学習指導要領解説(保健体育編)を必ず購入し、
授業に持参すること。また、指定する教科書の購入も義務づける。
学部・学科必修/選択の別
国際文化学部 地域創造学科 選択

2019/04/01 20:37:36 作成