授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 生命倫理
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目・学部共通1グループ
授業の目標
現代における科学の発展は、生物・生命のしくみの解明とその利用の程度を急速に高めている。そして、生命を扱う技術の応用に求められる社会規範等、科学技術における生命倫理の尊重を考えることの重要性が高まっている。この講義では、生命・生物を学び、将来その分野を担う者にとって重要な生命観、生命を扱う際の態度、生命に関する社会倫理等を学ぶ。授業では、人に関する科学技術と生命倫理と生命の尊重、動物実験や野生動物の調査研究等における生命倫理、生命倫理に関わる法律や指針等について解説し、ディスカッションする。

授業で育成する力・スキル
全学共通:集い力
生物学部:生命の大切さを理解する力
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件:なし

他の授業科目との関連:生物を学ぶ生物学部として、生命を考え、生物を取り扱う上での基本的な態度を身につける科目である。動物を扱う分野の科目と関連する。
履修のポイント
留意事項
1年次に標準的に履修。知識を覚えるといった科目ではないので、あらかじめテーマに関して自宅学習で予習して用意しておくことや授業後もテーマについての社会的動向について調べることが望ましい。また、ディスカッションをともなうテーマには積極的に参加す
ること。

留意事項:複数教員担当のオムニバス授業であるので、各教員の指示に注意しておくこと。
学部・学科必修/選択の別
生物学部 選択必修

2019/04/01 20:37:36 作成