授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 生体物質の化学
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目・学科開講2グループ
授業の目標
現在の生物学を理解するうえで、生体を構成する有機化合物の化学に対する知識は不可欠である。本講義では、基本的な分子の構造や反応および反応速度の考え方について学ぶことにより、自ら考える力および生物を多面的に理解する力を養うことを目的としている。具体的には、有機化学の基礎事項である有機化合物の構造を炭素の混成軌道を元に述べ、さらには生体を構成する基本的な有機化合物(糖、アミノ酸、脂質、核酸)の構造や性質について解説する。また、基本的な反応を例に有機化学反応と生体内の化学反応は形式的に同様であることを学習することにより、生命現象を理解し、自然を考える力を身につけることを目的としている。
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はない。「遺伝子とタンパク質の科学」、「生物化学」、および「細胞の構造と機能」等、生命科学系の科目、また、広くバイオテクノロジーを理解するための基礎となる科目である。
履修のポイント
留意事項
教科書は特に指定せず、適宜、プリント等資料を配布する。本講義で扱う有機化学は、現代生物学およびバイオテクノロジーの基本となる事項をあつかっている。そのため、知識の定着と理解を確実にするためにも、わからない事項等があればいつでも質問して欲しい。
学部・学科必修/選択の別
生物学部 生物学科 選択必修

2019/04/01 20:37:36 作成