授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 食品の科学
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
北海道は我国の食糧基地である。その事実を背景に具体的な食品産業の事例にも触
れながら、食品について総合的な視点から解説する。まず、農産物、畜産物、水産
物といった食品の概要、化学的な成分や栄養学的な側面について、また、食品の加
工と保存の技術の基礎について述べる。次に、農畜産物が収穫されてから食卓に届
くまでのポストハーベストプロセス(収穫後のプロセス)と農畜産物や食品の品質
について解説する。これらの学習をとおし、自ら考える力、生物を多面的に理解す
る力を養う。さらに、社会文化的側面を含めて食品についての多面的な理解を深
め、これらの知識から自然・環境・生命のあり方を総合的に理解できる力を磨くこ
とを目的とする。
先修条件または
他の授業科目との関連
本講義は食品に関連する一般的な知識の提供を目的として開講される。
履修のポイント
留意事項
社会文化的側面を含めて食品についての多面的な理解を深めて欲しい。
学部・学科必修/選択の別
生物学部 生物学科 選択

2019/04/01 20:37:36 作成