授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 動物の生態
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
動物の生態にはいろいろな側面がある。出生から一生を終えるまでの生活史、群れやなわばりといった個体間関係、共生や、競争、捕食といった種間関係、個体群動態、行動戦略、分布や生息環境を決める要因。この講義では、動物生態の多面的な観点について、概念、実例、理論的な解明の基礎を学ぶ。授業では、動物の個体群動態と進化生態学、動物の繁殖と生活史戦略および動物の行動と適応戦略、動物の環境利用と種間関係について解説する。

授業で育成する力・スキル
全学共通:自ら考える力
生物学部:生物を多面的に理解する力
生物学科:生命現象を理解し、自然を考える力
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件:なし

他の授業科目との関連:自然生態系の他の科目と関連する。特に、「野生生物調査実
習」、「亜寒帯生態系フィールド実習」、「亜熱帯生態系フィールド実習」の基礎知識となるため、履修希望者は履修しておくことが望ましい。自然生態系の研究室において「生物学ゼミナール」、「卒業基盤研究」、「課題研究」「卒業研究」を行う場合、履修しておくことが望ましい。
履修のポイント
留意事項
標準的な履修時期は2年次春学期。試験だけでなく、レポート類についても自宅学習で
予習・復習して用意しておくこと。

留意事項:複数教員担当のオムニバス授業であるので、各教員の指示に注意しておくこ
と。
学部・学科必修/選択の別
生物学部 生物学科 選択

2019/04/01 20:37:36 作成