授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 野生生物調査法
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
野生生物調査の生物相調査や個体群調査に必要な調査技術を説明する。地図の読み取り方、生息分布記録法、各分類群ごとの種同定法、個体数調査法、捕獲法、個体標識法、個体追跡法といった調査方法の基本的な事項を学ぶ。記録の取り方やデータのまとめ方といった点も解説す
る。

授業で育成する力・スキル
全学共通:挑み力
生物学部:生命の大切さを理解する力
生物学科:生命現象を理解し、自然を考える力
先修条件または
他の授業科目との関連
他の授業科目との関連:自然生態系の他の科目と関連する。「野生生物調査実習」
や「亜寒帯生態系フィールド実習」「亜熱帯生態系フィールド実習」を履修する前にこの科目を履修しておくことが望ましい。自然生態系の研究室において、「生物学ゼミナール」、「卒業研究基盤研究」、「課題研究」「卒業研究」を行う場合、この科目を履修しておくことが望ましい。
履修のポイント
留意事項
標準的な履修時期は2年次秋学期。試験だけでなく、レポート類についても自宅学習で
予習・復習して用意しておくこと。
留意事項:複数教員担当のオムニバス授業であるので、各教員の指示に注意しておくこ
と。
学部・学科必修/選択の別
生物学部 生物学科 選択

2019/04/01 20:37:36 作成