授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 生態学実習
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
生態学における多様な分野の基礎となる調査技術を学ぶ。野外調査の必須項目となる気温等の環境データ測定・記録法、生態系や生物多様性を理解するテーマとして土壌動物や水生生物を対象として種構成や現存数の調査、行動生態学の基本として動物園を利用しての行動の時系列記録法、個体群動態や個体群密度調査の基本としての個体標識法による野外調査やモデル実験といった構成で授業を進める。また、グループでの調査と発表を重視して、ポスターやスライドによるプレゼンテーションも行う。

授業で育成する力・スキル
全学共通:成し遂げ力
生物学部:知識を生かして実践する力
生物学科:生物の実験・観察から発見する力

先修条件または
他の授業科目との関連
セメスター先修条件:3セメスター

他の授業科目との関連:自然生態系の他の科目と関連する。他の自然生態系の実習等を履修する場合、この科目を履修しておくことが望ましい。
履修のポイント
留意事項
標準的な履修時期は2年次春学期。

留意事項:実習指導の行き届きとフィールド実習の安全を確保する必要から、履修者数を制限することがある。履修希望調査を1年次に行うことがあるので、掲示に注意しておくこと。
学部・学科必修/選択の別
生物学部 生物学科 選択

2019/04/01 20:37:36 作成