授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 卒業基盤研究
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 本科目と課題研究または卒業研究を、同一の担当教員のもとで1年間を通じて履修する。これらは大学で学んだ事柄の総まとめであり、各担当教員のもとで研究を行い、主体的に専門的課題に取り組む力を養う。未知の課題に取り組む「研究」という営みは他の授業科目とは根本的に異なり、担当教員とのテーマの設定に始まり、研究計画の立案、研究の実施、成果のまとめや発表などを通して、与えられた課題を成し遂げる力を身につける。
 本科目は研究科目1年間の前半部分であり、課題に取り組む考え方や方法などについて自ら工夫し学んでゆく。取り組みの態度や成果が評価の対象となる。この授業を発展させて、課題研究や卒業研究に進む。

先修条件または
他の授業科目との関連
 本科目履修のためには、7セメスター以上の在籍であり、かつ、卒業に必要な単位のうち96単位以上を修得していることが必要である。
履修のポイント
留意事項
 研究室およびテーマを選定する上で、担当教員との十分な話し合いや意思疎通が必要である。未知の課題に取り組む1年間の前半の授業として、テーマの理解や探求する上での基礎的な知見や技術を身につけ、アプローチしてゆく半年である。
 就職活動等との時間調整については担当教員とよく話し合い、勝手に休んだり研究の進行を遅らせたりすることのないように留意する。
学部・学科必修/選択の別
生物学部 生物学科 必修

2019/04/01 20:37:36 作成