授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 アウトドアスポーツ 理論及び実習A
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目・学科開講1グループ
授業の目標
 本授業は、生涯を通じた豊かなスポーツライフの実現を目指し、アウトドアスポーツを行うのに必要な、自然に対する理解と、アウトドアスポーツを通じた人間性・社会性の向上や、環境への適応能力を学ぶことを目標とする。
 アウトドアスポーツは、海・山・川といった自然環境をフィールドにすることから、自然を理解する能力として、フィールド特有の気象状況を把握する能力が求められる。また、自然環境の保全も含めたフィールドでのマナーや、地域特有のルール、危機管理なども必要不可欠な能力である。
春学期の開講は、マリンスポーツもしくはキャンプを行い、秋学期の開講では、スノースポーツを行う。
 授業は、学内授業において、基本的な内容の講義(気象等)・基礎実技を学び、実際の学外授業では、アウトドアスポーツ技術の習得と、保健体育教師や指導者として、野外教育として行われるアウトドアスポーツ実施に必要な、団体生活の運営方法と安全管理の実際についても学ぶ。
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件なし。
「アウトドアスポーツ理論及び実習B・C・D」・「夏季野外活動演習」・「冬季野外活動演習」が関連科目である。
履修のポイント
留意事項
・実習費(有料)は、別途必要となるので、ガイダンス及び掲示等で確認すること。
・学内授業のみでは、単位修得はできない。
・希望者多数の場合、履修制限が行われることがある。

学部・学科必修/選択の別
体育学部 体育学科 選択必修
体育学部 競技スポーツ学科 選択
体育学部 武道学科 選択
体育学部 生涯スポーツ学科 選択
体育学部 スポーツ・レジャーマネジメント学科 選択必修

2019/04/01 20:37:36 作成