授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 衛生学(労働衛生を含む)
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 多くの者は卒業後に就職しその後人生の多くの時間を労働に費やすことと思われ
る。またその内容も事務、工員、教員、スポーツ施設のインストラクターなど様々
であると推測される。さらに衛生管理者などの資格を得て働く人の健康や安全を守
りたい方もいるであろう。今後、健康を維持増進して行くためには衛生学の知識と
共に、働くことに特化した労働衛生の知識も必要と考えられる。また、教員・指導
員や衛生管理者を目指す者は、自分の健康や安全を守ると共に対象者の健康や安全
を守ることも要求される。
 そこで本授業では、 三位一体(健康、環境・職場環境、安全)の統合的なアプ
ローチから労働や日常生活の中で健康や安全をどのように考え、実践をしていくか
を講義する。具体的には、酸素欠乏症、熱中症、騒音性難聴、筋骨格系疾患、化学
物質の毒性、高血圧・心筋梗塞、 メンタルヘルス、疲労などの解説と対策論を講義
する。さらに、健康生成論や安全衛生マネジメントシステムなどについても解説を
行う。
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件:なし
他の授業との関連:衛生管理者にとって必要な法規については「労働衛生法規」で、
環境測定については「環境評価デザイン実習」で詳解を行う。
履修のポイント
留意事項
成績評価は定期試験の結果によって行う。
学部・学科必修/選択の別
体育学部 体育学科 選択
体育学部 競技スポーツ学科 選択
体育学部 武道学科 選択
体育学部 生涯スポーツ学科 選択
体育学部 スポーツ・レジャーマネジメント学科 選択

2019/04/01 20:37:36 作成