授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 INTERNATIONAL RELATIONS
授業科目の区分 自己学修科目    自己学修科目
授業の目標
グローバル化にともなう急速な国際事情の変化は、もはや日本国内のみの視点でとらえられるものではなくなっている。すなわち、国際的な諸問題は「国家」という枠組みを超えた次元でとらえる必要のある問題といえる。この授業では、現代国際社会がかかえる諸問題を総合的にとらえることを目標とする。同時に、国際的な場面における学生自らの立ち位置を理解し、「自分だったらどうするか」ということを常に考えながら問題を考えることを目標とする。この授業は教員が前に立って話し続ける講義型の授業とは異なり、学生が自ら主体的に自由な発想をもって考えることを目的としている。そのため、教員はファシリテーターとなり、学生がもつさまざまな発想に基づいて全員で議論および考察をおこなう。授業は基本的に英語で展開するため、語学力の向上を目標としてはいるものの、それ以上に学生自身の積極性や主体的な学習意欲の向上を第一に考えている。
Due to the advent of Globalization, international situations are rapidly changing; we cannot comprehend them if we stuck a Japanese point of view. In other words, international affairs are needed to be understood not from a framework of nation-state but from more broad sense. In this class, we aim at the holistic understanding of diverse problems that the present international society have. At the same time, students have to realize where to stand in international settings and should always think about ”if I were...”. However, this class is not like teacher-centered type of class, but student-centered type of class. Therefore, students have to be active and should participate in each class. We, teachers, function as a facilitator, and students are the leading actor in this class. We have a lot of discussions and have a presentation based on students' ideas and thoughts. Basically, this class is conducted in English as a language, thus students' ability of English may improve. More than that, however, our aim is to develop students' enthusiasm and active learning.
先修条件または
他の授業科目との関連
この授業は、「Global Japanese Studies副専攻」(「日本学副専攻」)の一環として開講されているが、当副専攻の取得を目指していない学生やその一部を履修している学生でも履修することができる。また、湘南校舎での開講となっているが、授業は湘南校舎に限らず全学部全学科の学生に開かれているので、興味・関心があればぜひ積極的な参加を求める。授業に関する先修条件はとくに設けていないが、基本的には英語をもちいて授業を展開する。This class is offered as a part of the minor, Global Japanese Studies or Japanese Studies; however, any student can take. Although this class is held at Shonan Campus, not only students at Shonan but also other campuses' students are welcomed if you are interested in the class. We, teachers, use English as a language mainly in this class, thus some basic skills of English may be needed.
履修のポイント
留意事項
基本的には英語をもちいて授業を展開する。授業に関する先修条件はとくに設けていないが、この意味である程度の英語力が問われることになるため、英語の基礎力にあたるリーディング・ライティング、リスニング・スピーキングの授業は修得済(または履修中)であることが望ましい。ただ、適宜日本語による補足説明もおこなうので、語学力よりも学生自身の参加意欲の高さや主体的な学習意欲を第一に考えている。
We, teachers, use English as a language mainly in this class, thus some basic skills of English may be needed. Of course, we give some explanations in Japanese as a language, so don't too much worry about the lecture language. The only thing you need to have in this class is motivation and passion.
学部・学科必修/選択の別
文学部 選択
観光学部 選択
政治経済学部 選択
法学部 選択
教養学部 選択
体育学部 選択
理学部 選択
情報理工学部 選択
工学部 選択
海洋学部 選択
医学部 看護学科 選択
国際文化学部 選択
情報通信学部 選択
農学部 選択
生物学部 選択
経営学部 選択
基盤工学部 選択
文化社会学部 選択
健康学部 選択

2019/04/01 20:37:36 作成