授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 日本語授業研究1
授業科目の区分 自己学修科目    自己学修科目
授業の目標
この授業は、第二言語としての日本語の教師を目指す人が、日本語教育に関して知っておくべき知識・態度・方法について、教育心理学や第二言語習得研究をベースに総合的に学ぶことを目的としている。「日本語授業研究1」は主に理論編である。
教育の実践の場では、さまざまな変数が絡み合い、固定的な知識を持っているだけでは役に立たない場合もある。そのため、基本的な知識を身につけるだけではなく、それらをもとに自ら考える能力、また他者の考えを取り入れて自分の思考を拡げ、問題解決の方法を探る能力を身につけることも重要である。
間違うことを恐れず、自由な意見が述べられる環境を教師と学習者で協力して創り出すにはどうすればよいか。実際に自分が受けている授業を観察し、自らも活動や課題に積極的に参加することで考えてもらいたい。

先修条件または
他の授業科目との関連
日本語教育学の入門編である「日本語教育法概論」を受講しておいたほうがよい。
また、公開授業の期間に別科の日本語授業を見学することを勧める。

履修のポイント
留意事項
本授業は、第二言語としての日本語の「教育学」について学ぶ授業であり、日本語そのものを学ぶ授業ではない。履修の際に注意すること。
学部・学科必修/選択の別
文学部 選択
観光学部 選択
政治経済学部 選択
法学部 選択
教養学部 選択
体育学部 選択
理学部 選択
情報理工学部 選択
工学部 選択
海洋学部 選択
医学部 看護学科 選択
国際文化学部 選択
情報通信学部 選択
農学部 選択
生物学部 選択
経営学部 選択
基盤工学部 選択
文化社会学部 選択
健康学部 選択

2019/04/01 20:37:36 作成