授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 科学計算プログラミング
授業科目の区分 自己学修科目    自己学修科目
授業の目標
この授業は、コンピュータシミュレーションによって得られた計算結果を、コンピュータグラフィックス(CG)で可視化して表現する手法を学び、様々な分野で活用できる応用力を養うことを目標としている。
コンピュータシミュレーションとは、実際の現象あるいは実験や開発モデル等を数式化し、コンピュータによる模擬実験を行って解析・研究することであり、自動車、航空機、船、建築物、宇宙開発等から地球環境、経済・経営、社会現象の解析に至るまで、あらゆる分野で利用され情報処理技術の一分野として重要な役割を担っている。授業では、連続系や離散系の各種例題によるプログラミング実習を通してコンピュータシミュレーションの基礎を学習する。
またコンピュータグラフィックスに関しては、2次元CGおよび3次元CGの基礎を学び、自律的なグラフィックスの生成や、データの可視化への応用方法をプログラミング実習によって身に付ける。
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はない。
「ICT入門」を履修済みであることが望ましい。
「プログラミング応用A」または「プログラミング応用B」単位取得済みと同程度の知識とプログラミング経験があることを前提として授業を進める。
履修のポイント
留意事項
(1) 授業内容に即した課題やレポートの作成を課す。
(2) 成績評価の基準は、シラバス詳細を参照すること。
学部・学科必修/選択の別
文学部 選択
観光学部 選択
政治経済学部 選択
法学部 選択
教養学部 選択
体育学部 選択
理学部 選択
情報理工学部 選択
工学部 選択
海洋学部 選択
医学部 看護学科 選択
国際文化学部 選択
情報通信学部 選択
農学部 選択
生物学部 選択
経営学部 選択
基盤工学部 選択
文化社会学部 選択
健康学部 選択

2019/04/01 20:37:36 作成