授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 航空輸送論
授業科目の区分 自己学修科目    自己学修科目
授業の目標
 この授業では、はじめに目覚しい発達を遂げた航空輸送の歴史や航空輸送産業、
航空輸送の現状について説明し、次に航空輸送による輸出入貨物の流れについて
おさえたうえで、航空運送状、運賃、特殊貨物、賠償責任、貨物保険・荷主保険等
の運送取扱の実態について解説をする。
 また、初期の航空輸送は、国家による保護のもと大きく成長したが、現在では、
国際的な航空規制緩和が行われ、インテグレータやLCC の登場を含む大競争時代を
迎えている。生き残りをかけた経営戦略についても学ぶ。
 本講義の目標は、以上の講義を通じて、航空輸送に関する基礎的な知識を習得
することである。
先修条件または
他の授業科目との関連
「ロジスティクス論基礎」等の物流に関する授業も受講すると、
授業内容が理解しやすくなる。
履修のポイント
留意事項
授業には必ず出席し、積極的に参加すること。

学部・学科必修/選択の別
文学部 選択
観光学部 選択
政治経済学部 選択
法学部 選択
教養学部 選択
体育学部 選択
理学部 選択
情報理工学部 選択
工学部 選択
海洋学部 選択
医学部 看護学科 選択
国際文化学部 選択
情報通信学部 選択
農学部 選択
生物学部 選択
経営学部 選択
基盤工学部 選択
文化社会学部 選択
健康学部 選択

2019/04/01 20:37:36 作成