授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 道徳教育論
授業科目の区分 卒業単位に含まれない科目    教職・資格等に関する科目
授業の目標
 「道徳教育論」は、中学校教諭一種免許状及び養護教諭免許状を取得するため必要な科目である。

 「道徳教育論」は、教育職員免許法施行規則に定められた「道徳、総合的な学習の時間等の指導法及び生徒指導、教育相談等に関する科目」(養護教諭にあっては「道徳、総合的な学習の時間等の内容及び生徒指導、教育相談等に関する科目」)のうち「道徳の理論及び指導法」(養護教諭にあっては「道徳、総合的な学習の時間及び特別活動に関する内容」)に該当し、「教職課程コアカリキュラム」に記載された以下の事項を修得するための授業科目である。

 「道徳の理論及び指導法」に関する事項について、「教職課程コアカリキュラム」で示された「全体目標」は次のとおりである。したがって「道徳教育論」の授業を通じて、これを達成することが目指される。

 ◆全体目標
  道徳教育は、教育基本法及び学校教育法に定められた教育の根本精神を踏まえ、自己
 の生き方や人間としての生き方を考え、主体的な判断の下に行動し、自立した人間とし
 て他者と共によりよく生きるための基盤となる道徳性を育成する教育活動である。
  道徳の意義や原理等を踏まえ、学校の教育活動全体を通じて行う道徳教育及びその要
 となる道徳科の目標や内容、指導計画等を理解するとともに、教材研究や学習指導案の
 作成、模擬授業等を通して、実践的な指導力を身に付ける。

 なお、「教職課程コアカリキュラム」には、これ以外にも当該事項に係る「一般目標」と「到達目標」が設定されているので、確認すること。



【授業で育成する力・スキル】
 ・挑み力(問題発見力・構想力・プランニング力)

先修条件または
他の授業科目との関連
・「道徳教育論」の単位を未修得の場合には、「教育実習2」及び「養護実習」の履修を
 継続することができない。
履修のポイント
留意事項
・中学校教諭一種免許状、養護教諭免許状の取得にあたって、単位修得が必要な科目であ
 る。
学部・学科必修/選択の別
文学部 随意(卒業単位に含まない)
政治経済学部 政治学科 随意(卒業単位に含まない)
政治経済学部 経済学科 随意(卒業単位に含まない)
法学部 随意(卒業単位に含まない)
教養学部 人間環境学科                                    自然環境課程 随意(卒業単位に含まない)
教養学部 人間環境学科                                    社会環境課程 随意(卒業単位に含まない)
教養学部 芸術学科                                      音楽学課程 随意(卒業単位に含まない)
教養学部 芸術学科                                      美術学課程 随意(卒業単位に含まない)
体育学部 随意(卒業単位に含まない)
理学部 随意(卒業単位に含まない)
工学部 生命化学科 随意(卒業単位に含まない)
工学部 応用化学科 随意(卒業単位に含まない)
工学部 原子力工学科 随意(卒業単位に含まない)
海洋学部 海洋地球科学科 随意(卒業単位に含まない)
海洋学部 水産学科                 生物生産学専攻 随意(卒業単位に含まない)
海洋学部 水産学科                 食品科学専攻 随意(卒業単位に含まない)
海洋学部 海洋生物学科 随意(卒業単位に含まない)
海洋学部 航海工学科                海洋機械工学専攻 随意(卒業単位に含まない)
医学部 看護学科 随意(卒業単位に含まない)
国際文化学部 地域創造学科 随意(卒業単位に含まない)
国際文化学部 国際コミュニケーション学科 随意(卒業単位に含まない)
農学部 バイオサイエンス学科 随意(卒業単位に含まない)
生物学部 随意(卒業単位に含まない)
文化社会学部 アジア学科 随意(卒業単位に含まない)
文化社会学部 ヨーロッパ・アメリカ学科 随意(卒業単位に含まない)
文化社会学部 広報メディア学科 随意(卒業単位に含まない)
文化社会学部 心理・社会学科 随意(卒業単位に含まない)

2019/04/01 20:37:36 作成