授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 詩の技法
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
詩とは何か、を理解するためには、まずテクスト自身に徹するというテクストクリニックの方法論を身につける必要がある。その上で、馴染のある作品から、文学史上の名作までを俯瞰する。自ら選んだ詩作品について、権威や思い込みにとらわれない自由で正確な読解の方法を身につけつつ、文学における詩の位置づけについて、自分なりのイメージや概念を獲得する。また俳句・短歌の伝統と近代の問題、現代詩との比較などを通して、詩の本質について理解を深める。
先修条件または
他の授業科目との関連
2年次の履修がふさわしいレベルの授業である。この授業を受けたあとで、「詩をつくる/読む」を履修すると、成果はさらに上がるだろう。
履修のポイント
留意事項
詩だからといって安易な気持ちで履修することを謝絶する。
学部・学科必修/選択の別
文化社会学部 文芸創作学科 選択

2020/04/02 19:25:52 作成